×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

  トップページ < 就活裏技集

就活裏技集


a 交通費の節約方法 

    → 学生の特権!学割の利用

大学が発行している「学割証」を利用します。
片道100km以上の移動距離が必要ですが、JRをはじめとする鉄道、長距離バス、フェリーなどが対象とります。

利点 : 20%の経費を節約できます
欠点 : 発行してもらうのに日数がかかる(数日〜1週間)
      発行枚数制限を設けている大学があるので事前に確認しておきます

超裏技
片道100km以下の場合でも、諦める必要はありません。
例えば87kmしかない場合、100kmを超える範囲の切符を購入するのです。20%割引ですからこれくらいなら正規料金より割安になる場合がほとんどです

 bJR東日本「おトクなきっぷ」サイト

    → JR東日本で取扱っている特別企画乗車券(以下「おトクなきっぷ」)の利用

フリーパスタイプ、往復タイプ、往復+フリータイプ、回数券タイプなどが用意されています。
割引率は少ない場合もありますが、同じ区間を繰り返し乗車する事が予め分かっている時に使わない手はありません。

Web URLJR東日本「おトクなきっぷ」


超裏技
地方から新幹線で東京へ来る予定が多い就活生は是非EX予約を使いましょう。
Web URLEX予約

このサービスの最大の特徴は、パソコンや携帯電話から東京 - 博多間の東海道・山陽新幹線各駅間の特急券が、年末年始やゴールデンウィークなどの繁忙期においても通常の新幹線特急券よりも安価なe特急券を購入することが可能(上記おトクなきっぷは繁忙期は対象外となるものが多い)で、通常では1回のみに限定されている乗車変更が、e特急券を受け取る前で、予約した列車の発車時刻前で、当初の購入から3ヶ月以内であれば何度でも手数料無料で可能なことにあります。
つまり不慣れな東京に出てきて、JR,地下鉄などを乗り継いで移動する時、新幹線
の時間を気にせずに済むのです(携帯でチケット変更が何度でもできます)。
とても便利ですので、是非検討しましょう。


超裏技
新幹線の座席数は偶数車両と奇数車両では座席数に違いがあります。偶数車両は奇数車両より35席も多いため、自由席でも座れる可能性が高くなります。


c Webメールの活用

   → 簡単なファイルの管理はどこでも確認できるwebメールが便利

ESのファイルを管理するのは以外と面倒です。
その場合、下書きとしてWebメールを積極的に利用します。Webメールなら携帯があればいつでもどこでも情報が取り出せますし、後で読み返した時に修正すべき点なども見つけやすくなります(一度作成して「コレでよし!」と思っても、後でじっくり読み返してみると・・修正すべき点を発見してりするものです)。

方法はいたって単純!宛て先を自分宛にしてメール作成画面を開き、そこに原稿としてテキストを打ち込み、送信しておくのです。例えば企業名別に様々な情報をフォルダ分けしておけばもっと便利になります。

Web URLmsn hotmail     Web URLg-mail

d 企業のホームページの投資家向け情報を一読 

    → IR情報や投資家向けのページでライバルに差を付ける

就活生は志望する企業のホームページは必ずチェックしているはずです。ライバル以上の次元の情報を得ようとする場合、一番確実なのはIR情報や投資家向けのページです。
ここにはその企業の直近の業績はもちろん、会社がどこへ向かおうとしているのかという経営上の重要なポイントがわんさか掲載されています。
なんと言っても、信憑性を確認できない第三者の憶測を含んだ情報ではなく、その企業そのものが法律に則り情報開示している内容ですから、これ以上に正確なものはありません。
就活生には読み砕くのは難しいと思いますが、目を通しておくと面接時に役立つと思います。

Web URLHONDAの投資家向けページを見てみる


e OB訪問の新しいカタチ 

    → twitter、ブログ、掲示板でOBを探す

これは私より就活生のみなさんの方が、ずっと詳しいと思いますので詳細は省きますが、 コツとしては簡潔で分かりやすい、会いたいと思わせるプロフィールやコメントを作成する事を心がけて下さい。

例えば大学名はもちろんですが、自分の趣味、参加しているサークルなど、相手に具体的なイメージが伝わるようなメッセージ発信をしましょう。





[スポンサードリンク]